Menu

 



インフルエンザの新薬について

[2018年11月08日]

今年の3月にゾフルーザというインフルエンザの新薬が発売になっております。1回内服するのみでインフルエンザの増殖を抑える効果があります。

とても画期的なお薬なのでニュースなどでもたくさん取り上げられております。

効果もかなり高いとのことです。

ただ、注意点があります。

①錠剤の薬であること

②確実に内服して頂かなくてはいけません。飲めなかったからもう一度処方して欲しいということは出来ません。

③まだ発売されて1年も経過しておらず、発売後の副作用データ収集がまだ充分とは言えません。

インフルエンザにかかったときには以上のことをご考慮ください。

当クリニックでは昨年までと同様に、対症療法、漢方薬、抗ウィルス薬(タミフル、イナビル、リレンザ)の処方、そして新たにゾフルーザの内服の中から治療をご提案致します。