Menu

 



登校・登園許可証について

[2019年11月30日]

学校指定伝染病についての登校・登園許可証の取り扱いについて、市町村によって違っています。

揖斐郡(揖斐川町・池田町・大野町)・安八郡(神戸町・安八郡・輪之内町)・大垣市については保護者の皆さまが書類を記載して頂くだけで良く、書類の為だけに再診する必要はありません。

ただ、いろんなご事情はあるとは思いますが、虚偽の記載は他のお子様達の迷惑になるので、なさらないようにお願い致します。

また、毎年あるのですが「明日行事があるので・・・」「仕事の関係で・・・」などを理由に本来休むべき期間の短縮をせまる方がいらっしゃいます。例えばインフルエンザは「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては3日)を経過してから」という基準がございます。周りの人にうつさないという保証は出来ませんので、当クリニックでは第2種において(インフルエンザ・百日咳・麻疹・流行性耳下腺炎・風疹・水痘・咽頭結膜熱など)基本的に基準よりも前に登園・登校を許可することはありません。いろんなご事情はあるかと思いますが、ご理解よろしくお願い致します。

 

安八郡・大垣市の方は医療機関にて診断時に登校・登園許可証をお渡しします。揖斐郡にお住まいの方は通っている学校・保育園・幼稚園に書類がありますので、そちらで貰ってご記入頂く必要がございます。