Menu

 



電話など通信機器を使用しての診療について

[2020年05月23日]

当クリニックでも4月よりオンライン診療を実施しております。

あくまでも当クリニックの考え方です。他の医療機関は違うかもしれませんし、大人と子供では異なるでしょう。その点をご承知下さい。

テレビなどメディアではいいことしか伝えていない印象があり、皆様の選択の一助になればと記載させて頂きます。

テレビ電話などを使用しての診察とご来院頂いての診察とは大きく異なります

理由は、

メリット

感染対策

今は新型コロナウィルス感染がご心配だと思います。当クリニックは感染・非感染を待合室・診察室から全て分けております。発熱のある患者様は隔離室で診察しております(発熱で受診する患者様は1日0~数人程度です)。細心の注意を払っていますが、人がいるところであればどこでも感染のリスクがあるので100%安全と言うことは出来ません。通信機器を使用しての診療については患者様、そして我々の感染機会を下げる事に繋がるのは間違いありません。医療機関に受診すること自体が心配で、慢性疾患の治療が継続できないことは大変問題です。治療が中断となるよりは通信機器での診療をした方が良いでしょう。その為に当クリニックでもテレビ電話での診療を以前から受診されている患者様へ実施しております。

自宅なのでお子さまがリラックスして診療を受けられます。

デメリット

症状などお子さまの様子はお母様が伝えて頂く以上の情報は伝わりません。

テレビ電話では明かな情報に対しての対応は行えますが、微妙な情報は得ることが出来ないので対応は出来ません。

皮膚疾患はオンラインの画像での評価は大変困難です。また、触診(触って診察)しなければ適切な処方をする事が難しいことがあります。

オンライン診療の結果、受診を指示することがあります。必ずオンライン診療のみで終わるとは言えません。

 

例えば夜尿症の治療を半年程度続けていて、本人は元気で、他の症状もない場合などはオンライン診療のよい適応になるでしょう。湿疹についても保湿をしていれば、ほぼ落ち着いているならオンラインでもよいと思います。

オンラインの診療は便利だからと言う理由で選択するのではなく、メリットとデメリットをご考慮の上で通信機器を使用しての診療か、ご来院頂いての対面の診察をお選び頂けますと幸いです。

岐阜県の現状であれば治療効果を考えるとクリニックでの対面診察の方が良いと思います。

 

オンライン診療の流れ

電話でオンライン診療の希望をお伝え下さい→ご予約・診療の流れについて説明→予約時間になったらこちらからご連絡→診察(ご来院の上での診察が必要であれば指示させて頂きます)→診察終了後事務から説明→処方せんについて説明

注意:

急性疾患(発熱、咳、嘔吐、下痢など)は子供では状態が悪化するのが早く危険なためご来院頂いての診察となります。

当クリニックにかかったことがない方、もしくは数年ぶりの方については初回からの通信機器での診療は安全のためにお受け出来ません。一度ご来院下さい。

通信機器を使用しての診察も予約制になります。事前に必ず電話予約をお願い致します。オンラインの手順をお伝え致します。

ご自宅の通信環境がよくないとテレビ電話での診療が出来ない事がございます(出来るだけルーターの近くの部屋でお願いします)。通信が止まったり、途切れる場合には電話での診療となります(電話の場合には通信費がかかります)。

通信機器を使用しての診療はコロナウィルス感染拡大時の緊急・一時的な対応となります。ご来院頂いての診察よりは質・効果が下がることは否めません。また、オンラインでお話を聞いた結果、来院を指示することがございます。

オンライン診療の諸経費:アプリを使用して診療した場合には基本的には手数料は頂いていません。保険証・乳児医療受給者証があれば自己負担はありません。

ただ、以下に該当する場合には自己負担が発生します。

電話通信費500円(アプリを使ってのオンライン通信では請求していません)、処方せんの郵送をご希望の方のみ(切手代、手数料込み 500円)お支払いは銀行振り込みでお願い致します(お振り込み費用はご負担ください。振り込みが確認でき次第郵送させて頂きます。)例;電話で診察をし、処方せんを郵送をご希望された方は1000円の自己負担が発生します。

 

大変な時期だと思います。我々も試行錯誤しながら日々診療を行っております。可能な限り改善しながら進んでゆきます。みんなでこの状況を乗り越えましょう。