Menu

 



院長紹介

院長

竹中  学

出  身 岐阜県揖斐郡揖斐川町
資  格 ・日本小児科学会認定小児科専門医
・日本アレルギー学会認定アレルギー専門医
・パフォーマンス・エンハンスメント・
 コーチング認定コーチ(TICEコーチ)
所属学会 ・日本小児科学会
・日本アレルギー学会
・日本小児アレルギー学会

ごあいさつ

縁あって西濃地方・神戸町で小児・アレルギークリニックを開設しております。
開業当初から患者である子供たちの事を考え、不必要な薬は処方せず、不必要な検査は控え、患者さんが治る情報・場を提供するという考えで診療しています。
また、私は今までいくつかの病院でアレルギー専門外来をして参りました。そこで常々病院受診の敷居の高さとアレルギー診療の問題点を感じてきました。アレルギー疾患はうまく管理することで、生活が大きく変わります。しかしアレルギーで困っていても、敷居が高いために(紹介状が必要)なかなか病院のアレルギー専門外来には受診して頂けません。
小児科専門医、アレルギー専門医として多くの患者さんの診療に関わりたいと思っています。
困っている方は一度ご相談頂ければと思います。

竹中 学

これまでの歩み

大学在学中に「日本の未来を担う子供たちの成長を見守ってゆける職業を」、ということで小児科を志す

2001年5月 一般小児科医療、新生児医療に力を入れている豊橋市民病院(病床866床)へ初期研修医として就職し、ローテート研修(内科、外科、小児科、産婦人科、皮膚科、眼科etc)を開始。
2003年4月 正式に同小児科へ所属 そして、名古屋市立大学小児科学教室へ入局
アレルギー外来の担当となった時、様々な情報に翻弄され苦しんでいるお子さんとご両親にたくさん出会い、アレルギー疾患を専門とすることを決意
2006年4月 渥美病院 小児科へ赴任
これより1年間、毎月 静岡県立こども病院 感染免疫アレルギー科へ通い、アレルギー疾患について勉強
2007年6月 アレルギー疾患の診療、勉強をするため、大同病院へ赴任
寺田明彦先生の下では様々な先生方とお会いする機会を得、多大な影響を受けました。また、以前より興味を持っていた新生児・乳児消化管型アレルギーについては研究班に推薦して頂き、診断治療指針作成など貴重な経験をさせていただきました。感謝してもしきれない程貴重な2年間でした。
2009年4月 岐阜県総合医療センター小児科へ赴任
小児アレルギー外来を担当(2013年4月まで)
2010年8月 より多くの患者診療をする為にクリニック設立を決意
2011年9月 木沢記念病院へ赴任
2013年6月 当クリニック開業